サウナの効果的な入り方

風邪にサウナは効果的!?

子供の頃などよく「風邪をひいたらお風呂に入ってははダメ!」といわれませんでしたか?

では、風邪の時にお風呂に入ることは、本当にダメなのでしょうか?

また、風邪の時に、サウナは入っていいのでしょうか?いけないのでしょうか?

日本人にはお風呂が大好きな人が多く、入浴後に湯冷めをすること懸念されます。

 

湯ざめをすれば、当然風邪には良くないということになりますので、風邪の時にはサウナやお風呂は”ダメ”といわれてきたようです。

 

しかし、現代的な生活では、冬場でも暖房機器を上手に使うことで家の中が暖かく、湯冷めしにくい環境になっている人も多いと思われます。この為、湯冷めの心配がなければ風邪の時にサウナやお風呂も悪いことではないようです!

 

欧米では「体温より高いお湯での半身浴をすすめている」といいます。
ウィルスと高温を出して菌を死滅させる理屈からは、極めて合理的だとも思えます。
また、風邪の時用の入浴剤まであるそうですよ。

 

つまり、「風邪にサウナはNG」といわれる一部で言われる原因は”湯冷め”にあったんですね!

 

さすがに、既に3高熱が出ている時は、体力も衰えていると思われますのでサウナに入浴するのは遠慮した方がよさそうですが、風邪が治りかけていたり、まだ風邪のひき始めで鼻がグズグズしている程度の時には、サウナ効果が大いに期待できそうです。

 

サウナの効果による発汗作用により、汗とともに風邪のウイルスが流されていくようでスッキリします!
新陳代謝もよくなり、薬を飲むよりも早く治るかもしれません!

インフルエンザにもサウナが効果的!?

ヨーロッパでは、「風邪にサウナが効果がある」、さらには「インフルエンザにもサウナの効果が期待できる」などと、今も信じられているそうです。

 

ある調査では、以下のことがわかったといわれています。

週2回位のサウナ浴により、風邪やインフルエンザにかかるリスクが半減する

ヨッーロッパでは、発祥の地でもあるだけに日本のサウナ事情よりも発達していて、しかも日常的に利用することからサウナへの関心が高いことが伺えます。

風邪にサウナが効果

では、何故、風邪にサウナの効果が有効なのでしょう?

実は「サウナが高温となることが一番」の理由と考えられています

サウナの室内は80℃以上の高温となります。
風邪やインフルエンザのウイルスが、生存出来ない温度です。
その高温を吸い込むことにより、鼻腔内のウイルスを死滅させるとも考えられています。

 

例えば、風邪などで発熱するとします。
その際に、人間は熱を出して、ウィルスを撃退しようとします。

風邪薬は、発熱するホルモンの一種であるプロスタグランジンの生成を抑制して熱が出ることを抑えますが、むしろ重症化する時には困ったことになるという指摘もあるほどです。

さらにサウナの効果は、その発汗作用にもあります。
夏場に風邪やインフルエンザが流行しにくいのは、汗をかくためと考えられています。
汗をかくことにより、ウイルスが体内に入り込もうとした時、汗とともに排出されてしまうのです。
よって、冬場でもサウナの効果により汗をかけば、同じ効果が期待できるといわれています。

 

新型インフルエンザや風邪の予防には、サウナに入ることが実は有効かもしれません!